薬物

価格 6,156 円
[目次]薬の体内動態薬の生体膜通過薬の投与部位からの吸収薬の体内分布と臓器クリアランス薬の代謝薬の排泄薬物動態理論薬物動態の統合的把握の重要性薬理遺伝学薬物相互作用食事内容・嗜好品・生活習慣と薬物動態薬物反応性と薬物動態の個人差・人種差年齢と薬物動態女性および妊娠時における薬物動態病態下における薬物動態高分子生体医薬品の体内動態の特徴TDMに基づく最適投与方法の設計ヒトにお...

価格 3,024 円
[内容]この数年間にさまざまな向精神薬がわが国でも使用可能になり、欧米で提唱される精神科薬物療法アルゴリズムやガイドラインを参考にできる向精神薬のラインナップがようやく整いつつある状況である。本書は、最近の知見やエビデンスを集約し、代表的な精神疾患に対して、新薬を最大限に日常臨床に生かせるようにまとめた平易な薬物療法ガイドである。また、臨床精神薬理学研究を行う際に必要な知識...

価格 4,104 円
[内容]初版から7年の歳月が経過した。全面改訂にあたり、妊娠時の臨床薬理学の立場に基づいた胎児への薬物の影響、妊娠各期におけるかかりやすい疾患、病態と薬物療法の実際などの項目を核に、新たに「妊婦と薬物」、「妊婦への抗ウイルス薬投与とワクチン接種」を、また「炎症、アレルギーに作用する薬剤」、「循環器系/呼吸器系に作用する薬剤」、「消化器系/神経系に作用する薬剤」を投与する際の...

価格 778 円
[内容]やめられない。とまらない。そして“破滅”がやってくる。スポーツ界や芸能界で頻発する「薬物」スキャンダル。彼らはなぜカップルで逮捕されるのか?覚醒剤とコカインとのちがいは?入手方法や価格は?闇ビジネスや暴力団との関係は?廃人はどう作られるか?…新聞、テレビが決して伝えない深層を、斯界の第一人者が詳しく解き明かす「薬物と性」の最前線。[目次]第1章 なぜカップルで使うのか?...

価格 7,344 円
I.総論 1.EBMと薬物療法 <吉田一郎> 2 1.テーラーメイド医療 2 2.EBMにおける治療評価 2 3.P-drugをどのようにして決定するか 4 4.薬物情報をどのように入手するか 4 2.こどもの臨床薬理 <中村秀文> 6 1.薬の吸収と初回通過効果 6 2.薬の分布と蛋白結合率 8 3.薬の代謝 10 4.薬の腎臓からの排泄 12 5.肝機能低下時の薬物投与 13 6.腎機能低下時の薬物投与 13 3.小児

価格 2,052 円
医薬品添付文書の薬物動態パラメータを読み解くための解説書.薬物動態の基礎知識や統計にも触れ,添付文書の具体的な6つの例をあげてわかりやすく解説.

価格 5,184 円
発売日:2015年03月28日 / ジャンル:物理・科学・医学 / フォーマット:本 / 出版社:丸善出版 / 発売国:日本 / ISBN:9784621089125 / アーティストキーワード:緒方宏泰 内容詳細:客観的で合理的な薬物治療の実施が強く求められている。本書では、薬物血中濃度を解析するという従来の薬物動態、TDMのイメージを一新し、薬物血中濃度を用いずに薬物動態の視点、情報を薬物治療のモニターに付加し、モニター...

価格 3,240 円
発売日:2017年05月23日 / ジャンル:社会・政治 / フォーマット:辞書・辞典 / 出版社:Php研究所 / 発売国:日本 / ISBN:9784569786612 / アーティストキーワード:阿部和穂 内容詳細:目次:第1章 薬物乱用が引き起こす問題(薬物乱用って何?/ 薬物乱用はなぜいけないの? ほか)/ 第2章 危険な薬物の種類(乱用薬物の種類/ アヘン類、ヘロイン ほか)/ 第3章 薬物依存のおそろしさ(なぜ乱用薬物を使...

価格 648 円
先行研究の手薄な《傷寒論》薬物名称、基原種、入薬部位、薬物剤量単位等の古今変異について扱う。《傷寒論》湯方薬物古今変異研究/《傷寒論》部分薬物本草学研究/現代中医薬臨床理論研究。関連文章19篇収録。《傷寒論》湯方薬物学名・ラテン名索引。 【叢書名】中国当代医療百科専家専着2 【編著者】祝之友著 【出版社】 中医古籍出版社 【出版年月】2005/05 【商品コード】 10174149

価格 3,780 円
発売日:2010年04月28日 / ジャンル:物理・科学・医学 / フォーマット:全集・双書 / 出版社:化学同人 / 発売国:日本 / ISBN:9784759812688 / アーティストキーワード:橋田充 / タイトルキーワード:ヤクブツドウタイガク内容詳細:目次:1章 薬の運命/ 2章 薬物の吸収/ 3章 薬物の分布/ 4章 代謝/ 5章 排泄/ 6章 薬物間相互作用/ 7章 薬物速度論/ 8章 治療的薬物モニタリング(TDM)


全 3,621 数